真夏のUVカットに日陰。日傘を使ってコンパクトに日陰を持ち歩こう!

f:id:red3173:20190729180132j:plain

夏の暑い季節、できるだけ紫外線を避けて日焼けをしたくない方が多いことでしょう。そんな中、おそらく皆さんは日焼け止めを使う方が多いのではないでしょうか。

 

ですが、日焼け止めは塗るのに手間がかかり成分的にも良いものとは言えません。では代わりに紫外線を対策できるものはないのでしょうか。

 

そこでオススメなのが日傘を使うことです。日傘を使うことで日陰を持ち歩くことができ、日陰スポットを自ら探す労力も無くなります。

 

今回は紫外線の強い日に日傘を持ち歩くことをオススメする理由をお伝えします。

 

1.いつでもどこでも日陰を作れる

f:id:red3173:20190729185434p:plain

通常は自分で日陰のあるスポットを探さなければなりませんが、日傘を持ち歩いていれば常に自分の範囲が日陰になります。

 

そのため日陰を探す労力を使わずに済みますし、時間をムダにすることもありません。

外に出た瞬間から常に自分の範囲が日陰です。

 

紫外線を特に嫌う人にとっては日傘は欠かせないアイテムと言えるでしょう。

 

 

2.日焼け止めを塗るよりも肌に優しい

f:id:red3173:20190729185529p:plain

日焼け止めは紫外線を防ぐのに効果的なアイテムですが、成分表を見ると人の体に良くない成分まで入ってるのが現実です。

 

そのため基本的に肌には何も塗らないことをオススメします。代わりに日傘で日陰を作ってUV対策をしましょう。

 

日陰であれば塗る時間も省ける上に健康的でシンプルな対策ができます。

関連記事 

www.minimalist-taka.work

 

3.経済的に良い

f:id:red3173:20190729185639p:plain

日焼け止めは消耗品です。毎日使用すれば減りも早くなり、金銭面でも少しイタイ出費になります。

 

日傘であれば一本1000円~2000円程度で購入できますし、次の年にも繰り返し使用することができます。

 

そのため日焼け止めを買うより遥かに経済的で出費を大きく抑えることができるでしょう。

 

4.折りたたみならコンパクト

f:id:red3173:20190729185720p:plain

折りたたみであればコンパクトに持ち運ぶことができます。そのため荷物としても邪魔になることはありません。

 

使わない時はカバンにしまえば良いのです。万が一、雨が降った時の対応も可能です。なので夏は常にカバンの中に入れておくのも良いでしょう。

 

まとめ 日陰は持ち歩くこと可能。UV対策は日傘で対応しよう。

f:id:red3173:20190729185756p:plain

ミニマリストであれば日傘で日陰を持ち歩くという発想に転換してみてはいかがでしょうか。

 

日陰は経済的に良く持ち運びもコンパクトであり、日焼け止めを使うよりも肌にとって健康的です。

 

将来的に皮膚に関連する病気を防ぐという点でも、日傘を持ち歩くというのは大いに意味があります。

 

それに今では男でも日傘をさす人が中にはいます。もしいつも以上に紫外線を浴びそうな予感がするなら日傘をぜひ準備しておきましょう。

関連記事

www.minimalist-taka.work

プライバシーポリシー お問い合わせ