シェアハウスの光熱費は一定額の所が多くてオススメ。

f:id:red3173:20190801175220j:plain

毎月の支出の中で光熱費がありますよね。しかも光熱費は自分がその月にどのぐらい使ったかによって変動します。

 

そのためついつい節約の意識が働いたり、使いすぎてることを意識してしまってストレスがたまるでしょう。

 

そこでオススメなのがシェアハウスで光熱費が一定額の所に住むことです。一定額なので一々節約や使いすぎを意識する必要はありません。

 

今回はシェアハウスに住み光熱費が一定であることのメリットをお伝えします。

 

1.光熱費が変動しない

f:id:red3173:20190801184510p:plain

一人暮らしであれば光熱費は毎月変動しますが、シェアハウスに住めば光熱費が一定額で変動しません。

 

そのためお金の管理がしやすくなり、節約や使いすぎといったストレスを気にする必要もなくなります。

 

それに今ではだいたい1万円といった感じで切りの良い額でシェアハウスの光熱費が設定されています。

 

2.ストレスが減る

f:id:red3173:20190801184537p:plain

光熱費で毎月支出が変動するとストレスがたまりますが、シェアハウスに住んで光熱費が一定額であれば変動しないのでストレスが減ります。

 

年間でどのぐらいのお金を用意しておけば良いかも簡単に計算できてしまうので、お金の管理もしやすいでしょう。

 

 

3.自分で契約解除する必要ナシ

f:id:red3173:20190801184720p:plain

シェアハウスの光熱費は一定額である上に自分で契約せずに入った初日から電気ガス水道が使えます。

 

よって一人暮らしよりもスピーディーに生活の準備をすることができ、時間の短縮に繋がります。

 

なので電気ガス水道の契約が面倒くさい方にもシェアハウスはオススメです。

関連記事 

www.minimalist-taka.work

 

4.支出を抑えられる

f:id:red3173:20190801184758p:plain

一人暮らしで毎月の光熱費が1万円を超えてる方であれば、シェアハウスに住めば大きく支出を抑えることができます。

 

例えば現在一人暮らしで合計1万3千円の光熱費を払っているのであれば、光熱費一定額1万円の物件に住んでしまえば年間で3万6千円のお金を節約できてしまいます。

 

しかも、必然的に節約されるものなので意識するストレスもありません。

 

まとめ シェアハウスで光熱費のストレスをミニマム化

f:id:red3173:20190801184832p:plain

光熱費も毎月の支出として計算されますが、自分で物件を借りて住むと変動費になってしまいます。

 

そこでシェアハウスに住み光熱費を固定費にしてみてはいかがでしょうか。そうすることによってストレスが大きく下がります。

 

特に夏や冬にクーラーをよくつける方であれば毎月の請求額で怯える必要もなくなります。

 

その分、他の人と一緒に共有スペースを使用しなければならないストレスはありますが、それが許容範囲であればシェアハウスは快適で過ごしやすい住環境になります。

関連記事

www.minimalist-taka.work

プライバシーポリシー お問い合わせ